ここから本文です

辻希美は「火がついたら止まらない」 杉浦が攻め続けられた恋愛を告白

4/26(水) 17:50配信

AbemaTIMES

 元フィギュアスケート選手の浅田真央が4月24日、故郷の名古屋で行われた炭酸水も作れるウォーターサーバー『Kirala』の新製品発表会に出席した。現役引退後、初仕事とあって会場にはテレビカメラ20台以上、100社を超える報道陣が集まった。

 引退後の新たな一歩を明るく踏み出した浅田は、今後の活動について「子どもが本当に大好きなので、そういう機会があれば小さい子ども達に(スケート)を教えていきたい」とスケートに携わっていきたい思いを語った上で、「理想の男性のタイプ」を聞かれると「ベタだけど、優しくておもしろい人。結婚する方って分かるっていうじゃないですか。そういう方に出会うまで待ってみようかな」と照れながらも自身の結婚観を披露した。

 これついて、4月25日に放送された若者向け総合情報番組「原宿アベニュー」でも取り上げ、話題は「結婚する相手が分かることはあるのか」という流れに。

 火曜コメンテーターを務める杉浦太陽(36)は、妻・辻希美との恋愛を「攻め続けられたパターン」と告白。付き合って二回目のデートで相手の親に会い、将来像が見えたというが、「最初に会ったときは『辻ちゃんだ』っていうイメージ。子供っていうイメージだったから逆にそこまで意識してなかった。(妻は)火がついたら止まらないみたいなところがある」と明かした。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:4/26(水) 17:50
AbemaTIMES