ここから本文です

青山で国産野菜を堪能「たまな食堂」 まるで肉のようなジャンボマッシュルーム料理も

4/26(水) 18:00配信

AbemaTIMES

 青山通りから一本入ったところに、国産の野菜を使ったレストランがある。この女性に大人気のお店の名前は、「たまな食堂」。信頼できる農家から仕入れたこだわりの野菜を使った、野菜中心のメニューが魅力だ。

 特にオススメのメニューが、旬野菜の塩麹バーニャカウダ(1890円)。塩麹のバーニャカウダは、アスパラやトマトなど8種類の旬の野菜をふんだんに使っている。自然食にこだわる「たまな食堂」では、ソースにもこだわっており、チーズの代わりに大豆を、アンチョビの代わりには塩麹を使用し動物性のものを使っていない。このバーニャカウダと一緒に食べるとオススメなのが、玄米ごはんとお味噌汁のセット。お味噌汁は、野菜の皮など本来捨てるべきところを煮て出汁を取っているため、 栄養価も高く、体に優しいお味噌汁となっている。

 もう一つのオススメのメニューが、ジャンボマッシュルーム(レギュラーサイズ・2400円)だ。見た目は完全にお肉に見えるが、マッシュルームをじっくり焼き上げ、赤ワインのソースをかけた一品となっている。すごく肉厚で、本物のお肉を食べているような感覚だ。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:4/26(水) 18:00
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ