ここから本文です

広島が巨人に競り勝ち首位キープ 福井が初登板初勝利、會澤が決勝2点打

4/26(水) 21:26配信

Full-Count

1勝1敗として1.5ゲーム差に、安倍はタイムリー2本で貢献

 広島は26日、本拠地で巨人に7-6で競り勝ち、首位をキープした。今季初先発の福井が2回までに3失点も、打線が逆転。福井は3回以降は無失点に抑え、6回6安打3失点で初勝利を挙げた。広島は0.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦3連戦の第2戦を制して1勝1敗として、1.5ゲーム差とした。

 先発・福井は初回に中井に先制ソロを浴びると、2回には2死満塁で立岡に2点タイムリーを打たれた。

 しかし、広島打線はその裏に巨人・大竹から安部のタイムリーで1点を返すと、4回には鈴木、松山の連続タイムリーで同点。福井は3回以降も毎回走者を出しながら、6回まで追加点を許さない。すると、6回に1死満塁で會澤が2番手・池田から勝ち越し2点タイムリー。福井の代打・堂林は犠飛で3点差とした。

 7回、2番手・薮田が坂本勇のタイムリーなどで1点差に迫られるも、1死一、二塁で阿部を右飛、マギーを見逃し三振とリードを死守。その裏に安部のタイムリーで貴重な追加点を奪った。

 8回はジャクソン、9回は今村とつなぎ、7-6で勝利。首位の座を守った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/26(水) 21:26
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 15:50