ここから本文です

日ハム、泥沼の12年ぶり10連敗 栗山監督の56歳誕生日も勝てず…

4/26(水) 21:28配信

Full-Count

10連敗は栗山政権ワースト、ソフトBは3位西武と0.5差に迫る

 日本ハムが、栗山英樹監督の56歳の誕生日に、10連敗を喫した。26日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。初回に奪われた4点が最後まで響き、1-4の完敗。05年5月28日のヤクルト戦(札幌円山)から6月11日の阪神戦(甲子園)で喫した11連敗(2分け挟む)以来、12年ぶりの10連敗。栗山政権ではワーストとなった。

【3分ダイジェスト】泥沼の10連敗…動画で振り返る本日のソフトバンクvs日本ハム戦

 いきなり劣勢に立たされる展開だった。初回、簡単に三者凡退で攻撃を終えると、その裏に今季2度目の先発となった村田がつかまった。1死から今宮に今季1号の先制ソロを浴びると、内川に左前適時打、デスパイネには3号2ランを浴びて、一挙4失点。悪い流れからなかなか抜けられないチームにとって、痛すぎるビハインドを背負った。

 打線も思うようにつながらない。2回先頭の中田が右翼フェンス直撃の安打で出塁するも、この日5番で起用された田中賢が空振り三振、レアードは捕邪飛、石井一も空振り三振。4回も先頭の近藤が中前安打で塁に出るも、中田が中飛、田中賢は最悪の二ゴロ併殺打に倒れた。5回には先頭のレアードが左前安打、清水が四球を選び1死一、二塁とこの日初めて二塁へ走者が進んだが、中島卓の三直で二走レアードが戻れず、これも併殺となった。

 7回2死からレアードが4号ソロを放ったが、得点はこれだけ。東浜をつかまえることが出来ずに、この日も泥沼から抜け出すことは出来なかった。

 ソフトバンクは2連勝。初回に4点を先制すると、先発の東浜が好投した。日本ハム打線を5安打に封じ、失点は7回のレアードのソロで許した1点のみ。追加点こそ奪えなかったものの、8回を岩崎、9回を守護神のサファテが無失点に抑え、逃げ切った。これで貯金を2とし、この日敗れた3位の西武とは0.5ゲーム差。Bクラス脱出が見えてきた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/26(水) 23:15
Full-Count

スポーツナビ 野球情報