ここから本文です

レアル、66億円の大物CB獲得へ モドリッチら主力売却で改革の資金捻出と現地メディア

4/26(水) 22:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

主力選手5名を売却か

スペインの名門レアル・マドリードがいよいよ最終ラインの整備に動き始めるようだ。

屈強なキャプテン、セルヒオ・ラモスにファイターのぺぺ、新進気鋭の若手ラファエル・ヴァラン、そして万能型のナチョ・フェルナンデス。才能に満ち溢れ、リーガエスパニョーラでも屈指の選手層を誇るレアルのCB陣だが、今夏には幾つかの面で変化が生じるかもしれない。中国を含むスペイン国外への移籍が噂されるぺぺに加え、マンチェスター・ユナイテッドが動向を追うヴァランなど、一部選手の退団に備えるべく、レアルはユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ獲得を画策中だとスペイン『Don Balon』が報道。移籍金としては5500万ユーロ(約66億円)という大金を準備しているとのこと。また、『Diario GOL』は白い巨人が夏の大型補強に向けた資金捻出のため、ルカ・モドリッチやケイロル・ナバス、カリム・ベンゼマを含む主力選手5名を売却することになると推察した。

CBとしてはボヌッチの他にもマンチェスター・シティのニコラス・オタメンディや、ポルトのフェリペといった候補がメディアを騒がせているが、実際に白のユニフォームを纏うのは誰になるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合