ここから本文です

女性の活躍にスポット 魚津の魅力発信チーム、フリーペーパー発行

4/26(水) 21:38配信

北日本新聞

 魚津市と市内に住む女性が地元の魅力を発信するプロジェクトチーム「※SODO(こめそうどう)」は、市内で暮らし活躍する女性にスポットを当てたフリーペーパー「ウオヅとワタシ」を発行した。市の広報誌5月号とともに一斉に配布する。

 魚津市の女性は高校卒業や結婚、就職を機に市外へ転出する傾向が強い。20~30代女性が減っていることが人口減少の大きな要因となっていることから、地元の良さを知ってもらい、市内での暮らしに希望を持ってもらえるようにと、昨年官民一体のチームをつくった。チーム名は魚津の女性たちの行動が全国に広がった米騒動にちなんで名付けた。

 創刊号は、大阪出身で夫の転勤により同市へ移住し、フォトスタジオを開いている鬼塚仁奈さんと藍染め職人の南部歩美さんを特集している。2人は市出身ではないが、楽しく生活しているのが分かる内容となっている。

 市の担当者は「仕事、趣味など自分らしく暮らしている人を取り上げ、魚津でも楽しく過ごせることを伝えたい。市内外の多くの人に読んでもらえたら」と話している。

 次号は夏に発行を予定している。

北日本新聞社

最終更新:4/26(水) 21:38
北日本新聞