ここから本文です

NASCAR:デイル・アーンハートJr.、2017年限りでカップシリーズから引退

4/26(水) 11:08配信

オートスポーツweb

 NASCARカップシリーズに参戦し、デイトナ500を2度制しているデイル・アーンハートJr.が、2017年シーズン限りでカップシリーズから引退すると発表した。

【写真】アーンハートJr.が走らせる88号車シボレーSS

 現在42歳のアーンハートJr.は1999年からNASCARに参戦を開始し、翌年からフル参戦。2004年と2014年の開幕戦デイトナ500では優勝を果たしたほか、これまで603戦に出場し、26勝を挙げている。

 また同シリーズで7度のチャンピオンを獲得しているデイル・アーンハート・シニアの息子でもある。

 そのアーンハートJr.は2016年6月に行われた第15戦ミシガンでクラッシュした際に脳しんとうを起こしたため、7月の第18戦以降を欠場し療養。今年からフル参戦復帰を果たしていた。

 現地火曜日に会見を行ったアーンハートJr.は、所属するヘンドリック・モータースポーツ代表のリック・ヘンデリックには3月29日にはフル参戦終了の意思を伝えていたと明かした。

「今回の決断に至った理由は、とても簡単だ。自分の意思で身を引きたいと思っていたからね」とアーンハートJr.。

「どのドライバーも引退について考える。ここ数年は真剣に考えてはいなかったけれど、思うような結果を残せなくなってきて、本格的に(引退を)検討するようになった」

「数カ月間、本当に頭を悩ませたよ。今年、シリーズに参戦するチャンスがあるかも分からなかったからね」

「(2016年に脳しんとうを起こして)リハビリに励んでいる間、考える時間ができた。そこで僕にとって1番重要なことはなにか、僕がどれだけ素晴らしいサポートシステムを有しているかに気づいたんだ」

■今後は若手育成に注力。「ほかのシリーズでは真似できないこと」

 こう語るアーンハートJr.は自らのチーム、JRモータースポーツとして下部カテゴリーのNASCARエクスフィニティシリーズへ参戦。これまでマーティン・トゥルーエクスJr.やブラッド・ケゼロウスキー、ダニカ・パトリックといったドライバーたちをカップシリーズへ送り出している。

 なお、アーンハートJr.はJRモータースポーツとしてカップシリーズへ参戦する可能性は否定。エクスフィニティシリーズで若手育成に注力するとしたほか、2018年は2戦にスポット参戦する予定だとしている。

「エクスフィニティシリーズで戦うことを楽しく思っている。夢を目指している人々をサポートし、次のステップへ引き上げることができるからだ」

「この活動を誇らしく思っているし、エクスフィニティシリーズからカップシリーズへ昇格していった者の活躍を見ると、僕自身がレースで勝ったときよりも嬉しく感じる」

「僕たちは彼らに成長するためのプラットホーム、足場を提供している。これはほかのシリーズでは真似できないことだ」

 なお、リック・ヘンデリックは2018年からアーンハートJr.に代わってカーナンバー88のマシンを操るドライバーは決まっていないとコメント。後日、ドライバーを発表するとしている。

[オートスポーツweb ]