ここから本文です

井上苑子 夢の舞台・中野サンプラザ公演開催、夏はCOASTで夏祭り

4/27(木) 15:00配信

エキサイトミュージック

全国5大都市、3月10日(金)Zepp Sapporoを皮切りにスタートした『井上苑子 春ツアー2017 いぬうえ幼稚園入園式 ~ともだち100人できるかな~』の最終公演が昨日4月26日(水)、自身初となる東京・中野サンプラザで行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

16歳の高校1年生になる時に本格的な音楽活動を決意し、地元関西を離れ東京に上京した井上苑子。上京後、中野にあるレコーディングスタジオで制作活動とメジャーデビュー直前まで公開ライブを行ってきた。高校時代、通い詰め、東京での井上苑子の音楽のルーツとなった中野。そこにある、中野サンプラザでライブができる日が来るようにと、これまで頑張ってきた、その夢が叶った記念すべきツアーファイナルとなった。

今回のツアーは10代を中心とした、ライブを観るのが初めてというお客さんのために、井上苑子自身が考案した内容で、一見「え?!」というようなタイトルだが、井上苑子が幼稚園の新米先生の設定で、同僚の先輩先生としてVTRゲストに、たんぽぽ、永野、三四郎を招き、ライブの楽しみ方をナビゲートしながら盛り上げるといった内容。関西出身、井上苑子ならでは、歌はもちろん、笑いありの楽しいライブを行った。

4月12日に発売になった映画『ReLIFEリライフ』主題歌「メッセージ」、Galaxy S7 edge『どんな君も、逃さない』のCMソングとしてヒット中の「どんなときも。」、代表曲「大切な君へ」、YouTube1000万回再生の大人気曲「だいすき。」等、アンコール含め約2時間、全15曲を披露した。

また、今ツアーで披露してきた新曲 「スタート!」が MIZUNO『ミズノ部活応援宣言!』キャンペーンソングに決定。本日よりYouTubeにてミュージックビデオが公開された。アコースティックギターを持つ姿がイメージの井上苑子だが、このミュージックビデオではダンスに挑戦している。

そして、次作ニューシングルを夏にリリースすることと、8月6日(日)東京・新木場STUDIO COASTでの『井上苑子 夏祭り(仮)』の開催も発表した。