ここから本文です

スガ シカオ、星野 源主演のドラマ「プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~」で俳優初挑戦

4/27(木) 16:47配信

CDジャーナル

 今夏WOWOWで放送される星野 源主演のドラマ「連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~」に、スガ シカオの出演が決定。今年デビュー20周年のスガは、俳優初挑戦。

 思わぬことで“前科者”になってしまった星野 源演じる“貴生”は、文字通り“訳あり”な住人たちが住むシェアハウス“プラージュ”に入居することに。シェアハウスを舞台に、様々な過去を背負う厄介者たちの人間ドラマを描く「連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~」。シェアハウスで貴生と生活を共にする“厄介者”のひとり、殺人罪で服役しながらも再審請求をした“友樹”をスガ シカオが演じます。

 スガは出演するきっかけを「ドラマ出演のオファーは今まで全部お断りしていましたが、今年デビュー20周年を迎えて、みんながビックリするようなことをやってみたいと思いました。(星野)源ちゃんと(石田)ゆり子さんがよく知っているおふたりだったので、気楽にお話を受けようかと考えたのが最初です」とコメント。自身が演じる“加藤友樹”については「無感情で全て諦めているような感じで、あんまり積極的な発言が無いキャラクターです。だから、演じる上ではすごく難しい印象がありました。“ワァー”って攻撃的に喋っていく役だったら、とりあえずやり尽くせばいい感じだと思っていましたが、ほとんど会話がないので、逆に難しく思いました。今回のドラマは扱う題材も、いわゆる民放でやっているドラマとは全く違って面白いと思いますし、本当に細かいところまで作り込まれているので、是非見て欲しいと思います」と語っています。

最終更新:4/27(木) 16:47
CDジャーナル