ここから本文です

【NJKF】健太がNJKF王者を相手にWBC初防衛戦

4/27(木) 17:39配信

イーファイト

 6月18日(日)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2017 2nd』の対戦カード第一弾が発表された。

【フォト】健太得意のヒジ打ちが決まった瞬間

 WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)が、NJKF同級王者・浅瀬石真司(東京町田金子ジム)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う。

 健太は2015年5月、大和侑也に奪われたWBCムエタイ日本統一ウェルター級王座をその1年後の2016年5月に奪回。同年11月には満を持してWBCムエタイ・インターナショナル・ウェルター級王座決定戦に臨んだが、サモン・デッカーに敗れて王座獲得ならず。その後、2017年2月に『KNOCK OUT』で引藤伸哉にTKO勝ちして再起したが、4月の同大会でジャオウェハーに逆転TKO負けを喫した。

 浅瀬石は2015年に行われたNJKF全階級トーナメントを勝ち上がり、当時デビュー以来無敗であった山崎遼太(OGUNI)の強打を空転させて判定勝ち。デビュー11年目にして遅咲きでの戴冠となった。同王座はちょうど1年後となる昨年11月、相手も同じ山崎を迎えて初防衛戦を行い、今度は3Rに右フックでダウンを奪って返り討ちにした。安定した強さを見せる健太に、ベテランの底力で番狂わせを狙う。

 また、NJKFスーパーバンタム級王者・金子貴幸(GANGA)と同級1位・前田浩喜(CORE)によるNJKFスーパーバンタム級タイトルマッチと、NJKFバンタム級1位・日下滉大(OGUNI)と同級2位・玖村修平(K3B)によるNJKFバンタム級王座決定戦も行われる。

 前田はバンタム級から階級を上げて二階級制覇を目指し、空位となったバンタム級王座を日下と玖村が争う形となる。

最終更新:4/27(木) 17:39
イーファイト