ここから本文です

【オリックス】金子、開幕4連勝!「自信になりました」

スポーツ報知 4/27(木) 6:05配信

◆オリックス4―3西武(26日・京セラドーム大阪)

 お立ち台に上がった金子が、5回に先制の2点二塁打を放った隣の宮崎をイジった。「打ってくれるんじゃないかって“ちょっとだけ”思ってました」。珍しく観客を笑わせたのは、充実感の表れだ。2度続けて中5日で登板し、119球の3失点完投。「自分にとっても自信になりました」と、11年の自己最長に並ぶ開幕4連勝を喜んだ。

【写真】T―岡田、激アツV弾に自画自賛「完璧!」

 今季2度目の完投。4点を取ってくれた直後の6回に3点を失い、気持ちを入れ直した。「野手に申し訳ない。自分へのいら立ちもあった。攻める気持ちを忘れずに投げようと思いました」。9回1死一塁。一発出れば逆転される場面で、スプリットを操り中村を三ゴロ併殺打に仕留めた。25日の試合で右足首に打球を当てた守護神・平野を休ませ、福良監督は「さすがと言うしかない」と褒めた。

 昨オフの契約更改で「今までは開幕に80%ぐらいで徐々に…という感じだった。来年は開幕に100%にもっていけるように」と約束した。昨年の3、4月は1勝。シーズンも7勝9敗とプロ初の負け越しを味わった。不調の原因だったのは腰痛。それが解消されたことで、キャンプから十分な走り込みができた。また玄米食を好み、血管の健康維持などに効果がある亜麻仁(あまに)油をスプーン1杯口にするのが日課。入念な準備で、有言実行のロケットスタートを決めた。

 4勝は僚友のディクソンと並びリーグトップタイ。次回も3週連続の中5日で5月2日の楽天戦(コボパーク)に回るエースは「チームに勢いがあるし、僕もそれに乗せられている感じ」。貯金は今季最多の7。復活した大黒柱が、快進撃を支えている。(長田 亨)

最終更新:5/24(水) 3:22

スポーツ報知