ここから本文です

独島守るアシカが主人公のアニメ 韓国で小学校などに配布へ

4/27(木) 19:33配信

聯合ニュース

【安東聯合ニュース】韓国・独島を行政区域に持つ慶尚北道が独島を守るアシカを主人公にした3DアニメのDVDを全国の小学校や幼稚園など、約1万5000か所に配布する。来月にはケーブルチャンネルで全国に向けて放送するほか、地上波放送でも特集として編成して放送する計画だ。

 日本が外交青書や教科書などで独島の領有権を主張していることに対抗した措置。

 同アニメは独島守備隊のアシカが独島を侵略した集団を追い払い、平和を取り戻すという内容で、慶尚北道と海洋水産部が企画し、慶尚北道文化コンテンツ振興院とアニメ制作会社が制作した。

 昨年末に試写会が行われ、独立運動記念日の3月1日には韓国教育放送公社(EBS)で全国放送した。

 慶尚北道は今年後半から、海外の映画祭に出品するほか、キャラクター博覧会に参加するなどして、韓国の領土である独島を国内外に広める計画だ。

 慶尚北道東海岸発展本部の権寧吉(クォン・ヨンギル)本部長は「独島の歴史と自然環境、海中の生態系などを自然な形で経験できるよう、誰でも興味を持てるアニメにした」とし、「未来の主人公である青少年や子供に独島の大切さを気付かせるのに役に立つと期待している」と話した。

最終更新:4/27(木) 20:40
聯合ニュース