ここから本文です

【ソフトバンク】川崎、28日オリックス戦から1軍!水上2軍監督「素晴らしいですよ」

スポーツ報知 4/27(木) 14:30配信

◆ウエスタン・リーグ 中日3―1ソフトバンク(27日・ナゴヤドーム)

 ソフトバンクの川崎宗則内野手(35)が、28日のオリックス戦(京セラドーム)で1軍に昇格することが決まった。

 試合後に水上善雄2軍監督(59)が「素晴らしいですよ。きょう、もう(大阪の宿舎に)行くと思います。もうホント『待ってました』ということだと思います」と明言した。

 川崎は0―3の6回無死一塁、小笠原から中越え適時二塁打を放ち、チーム唯一の打点をマーク。2011年以来の1軍公式戦出場が目前になったムネリンに心境を聞いた。

 ―完璧な当たりだった。

 「完璧な当たりです。すごい打球が行きましたね。いい感じで仕上がっています」

 ―ナゴヤドームでプレーした。

 「思い出しました。2011年の日本シリーズ以来でした。(ドーム球場は)久しぶりで、風がないのが逆に不自然。違和感がありました。(右ふくらはぎをもみながら)張りました。あした起きられるか心配です」

 ―1軍は目前。

 「5月3、4日を目指していたんですが、状況が変わった。いい動きをしたので、いけるんじゃないですか」

 ―工藤監督と連絡は取っているか。

 「おととい(25日)電話しました。『元気か』と聞かれて。『監督も元気ですか。ごはん、おいしいですか』『食事は慣れたか』『僕、日本人なんで大丈夫です』と。そこでは、いつから(1軍合流)という話はなかったです」

 ―5回までチームが内野安打1本に抑えられていた小笠原から適時二塁打。

 「前回(19日、タマスタ筑後=3回8失点)と違って下半身に粘りがあった。真っすぐが走り、カーブのキレも良かった。小笠原投手にやられて、木下捕手のリードもさえ渡った。素晴らしい! たたえます!」

 (さらに小笠原を絶賛)

 「見た感じ、メジャーでも通用すると思います。これから毎年毎年、良くなっていく雰囲気を感じました。スピードはガンでは130~140キロ(最速145キロ)だけど、体感では162キロ。(16年にカブスでチームメートだった現ヤンキースの)チャップマンよりちょっと遅いくらい。19歳でしょ。36歳(満年齢は35)に本気出して、いじめるか?」

最終更新:5/14(日) 9:46

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 17:15