ここから本文です

ネコ歩き郡山でも 岩合光昭写真展が開幕 うすい

4/27(木) 10:36配信

福島民報

 世界で活躍する動物写真家・岩合光昭さんの「ねこ歩き 岩合光昭写真展」は26日、福島県郡山市のうすい百貨店で開幕し、大勢の来場者でにぎわった。5月8日まで。
 福島民報社が創刊125周年記念事業として主催している。うすい百貨店の共催。福島市で開催している岩合さんの写真展とは別作品約200点を展示。岩合さんが世界各地で出合ったネコ、日本の四季を背景に撮影したネコ、かつて一緒に暮らしたネコの写真を飾っている。
 本宮市の主婦渡辺恭子さん(65)は「構図がさまざまで見たことのない表情ばかり。とてもかわいらしい」と笑顔で語った。
 5月6日は午前11時からと午後2時から、岩合さんのギャラリートークとサイン会を開く。サイン会の整理券は当日、特設ブースで写真集(一人3点まで)を購入した人に配る。写真集は午前10時から販売する。
 入場料は大人500円、中学・高校生400円。小学生以下無料。観覧は午前10時から午後7時(最終日は午後5時)まで。問い合わせは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ。
 初日は福島民報社の高橋雅行社長、うすい百貨店の平城大二郎社長が観賞した。

■来場者全員にポストカード 福島展
 郡山市での「ねこ歩き 岩合光昭写真展」開幕を記念し、福島市で開催している「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」で26日、来場者全員に岩合さん撮影のネコのポストカードをプレゼントした。
 いわき市の会社員春日部愛実さん(42)は「午前中に郡山の写真展を見た後、そのまま福島の写真展に来た。内容が違うので、両方楽しんだ」と話した。
 福島市の写真展は、岩合さんが世界15地域で撮った約200点を紹介している。5月7日まで。福島民報社が創刊125周年記念事業として主催している。
 観覧は午前9時半から午後8時(入館は午後7時半)まで。会期中無休。当日券は大人1000円。中学・高校生800円、小学生以下無料。問い合わせは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ。

福島民報社

最終更新:4/27(木) 10:57
福島民報