ここから本文です

現金出品受け、メルカリが安全対策公表…24時間体制で監視、200人以上で通報対応

4/27(木) 13:25配信

弁護士ドットコム

現金などが出品されている問題を受けて、フリマアプリ「メルカリ」は4月27日、安全・安心に向けた取り組みを発表し、対応を強化する姿勢を示した。

メルカリの安全対策によると、問題になったコレクション性のない現金やスイカなど交通系電子マネーの出品について、24時間体制で監視・削除を実施する。

カスタマーサポートには、200人以上を割き、ユーザーからの問い合わせや、出品商品のチェック、通報対応などを実施。規約違反が確認できる商品については、通報から30分程度で削除などの対応をとる。ユーザー登録や取引、現金の引き出し時のタイミングで、複数回不正をチェックする。

メルカリ広報は、「出品商品の多様性というサービスの特徴を守りつつ、マーケットプレイスとしての安全性を高めていきたい」と話している。

弁護士ドットコムニュース編集部