ここから本文です

佐藤冴香がサイナ・ネワールを撃破!<アジア選手権>

4/27(木) 10:00配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

4月26日にバドミントンのアジア選手権(中国・武漢)2日目が行なわれ、各種目1回戦が行なわれた。

日本選手は男子シングルスの西本拳太、常山幹太(ともにトナミ運輸)、上田拓馬(日本ユニシス)が勝利を飾り2回戦に進出。女子シングルスは、佐藤冴香(ヨネックス)がインドのサイナ・ネワールをファイナル勝負の末に下して勝ち上がったほか、山口茜(再春館製薬所)、大堀彩(トナミ運輸)も白星をつかんでいる。奥原希望(日本ユニシス)はストレートで敗れた。

男子ダブルスは出場した4ペアがそろって勝利。女子ダブルスは高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)、米元小春/田中志穂(北都銀行)が2回戦に進んだものの、福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)は中国ペアに敗れて1回戦で姿を消している。

混合ダブルスは数野健太/栗原文音(日本ユニシス)がストレートで快勝したが、渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)、高階知也/江藤理恵(トリッキーパンダース/岐阜トリッキーパンダース)は敗れている。

バドミントン・マガジン編集部