ここから本文です

【独占インタビュー】兵庫県知事選出馬 勝谷誠彦氏、その理由とは? 勝算は?

4/27(木) 11:30配信

選挙ドットコム

【独占インタビュー】兵庫県知事選出馬 勝谷誠彦氏、その理由とは? 勝算は?

一昨日、作家・コラムニストの勝谷誠彦氏(56)が兵庫県知事選挙(6月15日告示、7月2日投開票)への出馬を表明する意向というニュースが流れました。そこで選挙ドットコム編集部では勝谷誠彦事務所へ取材を申し込んだところ、電話でのインタビューに成功しました。

兵庫県知事選挙には、共産党推薦で「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」代表幹事の津川知久氏(66)、現職で5期目を目指す井戸敏三氏(71)や元兵庫県加西市長の中川暢三氏(61)が立候補を表明しています。選挙ドットコムでは他候補のインタビューも打診中です。

誰もやってくれないなら、自分がやるしかない

-選挙ドットコム編集部(以下、編集部)
まず、出馬しようと思ったきっかけを教えてください。

-勝谷誠彦氏(以下、勝谷氏)
私は尼崎で生まれ育ちました。大学からは東京に出てきましたが、幼少期は父に連れられて兵庫県中を旅行しましたし、1人でよく県内各地を貧乏旅行で旅したものです。兵庫愛、については人後に落ちないと思っています。就職してからは、東京を拠点にして仕事をしながら、日本全国をまわり、世界中をまわりました。そして、『カツヤマサヒコSHOW』(サンテレビ)という冠番組をはじめさせていただいた3年ほど前から、東京での仕事よりも大阪や兵庫での仕事を増やしてきました。今も、尼崎に住んでいます。

ロケでいろいろな地域をめぐり、番組で多くのゲストから兵庫県や他の自治体に関する話を聞く中で、だんだんと兵庫県内の問題点が見えてくるようになりました。他の地域から見た兵庫や、世界から見た兵庫も私の経験から感じ取れることです。

そうなると、次から次へとアイデアが出てくるんです。私は文章を書く仕事をしているわけですが、もう他人事のように書いているだけではダメだと思うようになったんです。言うだけでは何も変わらない。実際にやらなければ、と。
誰かがやってくれれば良いのですが、まわりを見てもやってくれそうな人はいない。それであれば、自分がやるしかない。生まれ育った兵庫県への恩返しのつもりでやってみようと思い、出馬を決意しました。

1/2ページ

最終更新:4/27(木) 11:30
選挙ドットコム