ここから本文です

フォルクスワーゲン最小モデル「up!」をマイナーチェンジ…スマホ連携を強化

4/27(木) 17:43配信

オートックワン

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、VWで最もコンパクトなモデル「up!」を5年ぶりに刷新し、2017年4月27日より販売する。

【画像】VW 新型up!の写真を見る

ラインナップは、エントリーグレードのmove up!(2ドア/4ドア)と上級グレードのhigh up!(4ドア)の3グレード。価格(消費税込)は、move up!(2ドア)が158万7000円、move up!(4ドア)が178万7000円、high up!が193万8000円となる。

新型up!は、専用アプリによるナビゲーションなどの機能をスマートフォンで利用できるなど、スマホ連携を強化したインフォテイメントシステムを採用。

また先代モデルから引き続き、シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)を全車標準装備するとともに、二-ズの高い安全・快適装備や内外装のデザインなどを刷新した。

パワートレインは、軽量かつコンパクトで、静粛性と経済性に優れた3気筒1リッターエンジン(57PS)と、オートマチックモードとマニュアルモードを選べる2ペダルマニュアルトランスミッションの5速ASGを採用。

ベーシックなスモールカーながら最新のインフォテイメントシステムも備え、またVWらしい俊敏で爽快な走りを楽しめる。

【コネクティビティ】
■優れたコネクティビティを実現する”Composition Phone”

新型up!は、スマートフォンとの連携を強化した最新の5インチカラーディスプレイのVolkswagen純正インフォテイメントシステム”Composition Phone(コンポジション フォン)”を採用した。

Bluetoothでスマホとペアリングすると、専用アプリでナビゲーションや駐車場の満空情報などの各種機能が利用できる。さらに専用ホルダーでスマホをしっかり固定でき、USBデバイス接続装置につなぐと、電池切れの心配もなく長時間使用できる。

■快適なデジタルカーライフを提供する専用アプリ Volkswagen”maps+more”

いまや日常生活に欠かすことができないスマートフォンだが、スマートフォンを片時も離さないup!オーナーのために、専用アプリが開発された。新型up!専用のスマートフォンアプリケーション、Volkswagen”maps+more(マップスアンドモア)”は、ナビゲーションルートガイダンスや車両の走行データに加え、スマートフォンに収納している音楽を再生できる。

また、エマージェンシーアシスタンスとカスタマーセンターへの無料通話「アシスタンス&カスタマーセンター」やエコドライブのアドバイス機能「Think Blue Trainer」、タコメーターや水温計の表示など、ドライブシーンに役立つ9つの機能を搭載しており、スモールカーであってもしっかりインフォテイメントを活用できる。

【充実した安全・快適装備】
■シティエマージェンシーブレーキに加え、オートライトやレインセンサーを全車標準装備

新型up!は、2012年に発表した先代モデルにすでにシティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)を標準装備しており、新型モデルでも全車標準装備している。今回新たにLEDポジションランプ付ハロゲンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)やオートライト、レインセンサー、タイヤ空気圧警告灯など、最新の装備を全車に標準装備した。

上級グレードのhigh up!では、交差点での歩行者の確認がしやすく、歩行者側に注意を促すことができるスタティックコーナリングライトに加え、特に女性に好評なシートヒーターや、新デザインの15インチアルミホイールを標準装備するほか、アレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター採用のフルオーオエアコンディショナーをオプション設定するなど、充実した装備内容となっている。

【デザイン】
■エクステリア

新型up!の全長は65mm拡大して3610mmになったが、全幅・全高については変わらずそれぞれ1650mm・1495mmとし、日本の道路環境に最適な「5ナンバー」サイズを維持している。

デザインでは、フロントとリアのバンパー、抑揚を増したボンネット、LEDポジションランプ付ヘッドライト、ウインカー内蔵型ドアミラー、リアコンビネーションランプ、リアディフューザーなど、スタイリッシュなデザインに一新、さらに豊富なボディカラーとの相乗効果により、よりシャープでスポーティになった。

ボディカラーは、新色「ハニーイエローメタリック」「ティールブルー」「タングステンシルバーメタリック(high up!のみ)」の3色を加えた計7色を用意している。

■インテリア

up!はデビュー当時から、ボディとインテリアのポップなカラーコーディネーションが人気のひとつであったが、新型up!でもより洗練されたカラーコーディネーションを楽しめるよう、4色のダッシュパッド(ピクセルハニーイエロー/ピクセルレッド/ピクセルニュートラル/ブラックキューブ)と2色のトリムカラーを用意した。

ダッシュボードの表面加工には、IML(インモールドラベリング)工程を採用したことで、しっとりとした光沢を放ち、立体感のあるものになった。

また、up!では初となる、ダッシュパッドの下部に取り付けられたインテリアアンビエントライトは夜になると白い光を放ち、安らげるプライベート空間にいるような雰囲気を醸し出す。

また、デザインを一新したシートカバーには、外側とセンターにそれぞれラインが入り、ダッシュパッドに合わせてカラーコーディネートされている。

最終更新:4/27(木) 18:00
オートックワン