ここから本文です

雨で遅延、杉田はセンターコート第1試合 [バルセロナ/男子テニス]

4/27(木) 20:25配信

THE TENNIS DAILY

 スペイン・バルセロナで開催されている「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(スペイン・バルセロナ/4月24~30日/賞金総額232万4905ユーロ/クレーコート)は大会4日目、昨日に続き朝から雨が降っており、試合開始が遅れている。

杉田がガスケ相手に会心の攻撃的テニス、会場から“スギタ・コール“ [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

 ラッキールーザーとして本戦入りし、1回戦で元世界5位のトミー・ロブレド(スペイン)、2回戦では世界ランク23位で第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)を下して3回戦に進んだ日本の杉田祐一(三菱電機)は、今年からラファ・ナダル・コートと命名されたセンターコートの第1試合で世界20位で第7シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦する予定になっている。

 身長188cmと長身の25歳、カレーニョ ブスタは単に地元スペイン人というだけでなく、大会の開催地バルセロナに住み、会場のレアル・クラブ・デ・バルセロナを『僕のクラブ』と呼ぶ正真正銘の地元選手。今季初めのリオ(ATP500)では決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)に敗れたものの準優勝、インディアンウェルズ(ATP1000)では準決勝に進出しており(スタン・ワウリンカに敗戦)、「僕は今、キャリア最高の時期を過ごしている」と自負している強敵だ。

 杉田の試合に続きセンターコートでは、ラファエル・ナダル(スペイン)対ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、アンディ・マレー(イギリス)対フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、ダビド・ゴファン(ベルギー)対カレン・カチャノフ(ロシア)の試合が行われる予定。

 また、コート1では、ドミニク・ティーム(オーストリア)対ダニエル・エバンズ(イギリス)、またアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とメガネがトレードマークのチョン・ヒョン(韓国)の20歳対決も予定されている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:4/27(木) 20:26
THE TENNIS DAILY