ここから本文です

【MLB】青木宣親、三塁内野安打で3試合連続ヒット 日米通算2000安打へ「18」

4/27(木) 10:10配信

Full-Count

第4打席にチャンス広げるヒットで通算1982安打、アストロズは3連勝ならず

 アストロズの青木宣親外野手は26日(日本時間27日)、敵地でのインディアンス戦に「8番・ライト」で先発し、8回の第4打席で三塁内野安打を放った。3試合連続ヒットで日米通算1982安打(NPB1284本、MLB698本)として、2000安打に残り18本。アストロズは6-7で敗れ、3連勝はならなかった。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 アストロズは初回に3点を先制される苦しい展開。青木は3回無死一塁の場面では右腕バウアーの前に一ゴロ併殺打。1点差に迫った5回は2死一塁でニゴロに倒れた。

 さらに、3点差に引き離された7回先頭では中継ぎ左腕ミラーの前に空振り三振。しかし、8回にヒットが出た。2死一塁で右腕ショウから三塁へ高くバウンドするゴロ。快足を飛ばし、三塁手は送球することができなかった。

 アストロズは続くゴンザレスがタイムリーツーベース。青木も生還して2点を加え、1点差に。しかし、あと1点を奪うことができず、6-7で敗戦した。

 青木は4打数1安打で打率.354。23日(同24日)に2安打、25日(同26日)は3安打と2試合連続マルチ安打を記録し、これで3試合連続ヒットと好調を維持している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/27(木) 10:27
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 8:10