ここから本文です

制御不能の王者・内藤哲也、挑戦者ジュースを余裕の挑発 「応援してくれる人を1人でも連れてこい。誰からも応援されないんじゃ寂しいだろ」

4/27(木) 12:00配信

AbemaTIMES

間近に近づいてきた4月29日の新日本プロレス・大分大会では、IWGPインターコンチネンタル王座戦がマッチメイクされている。

王者・内藤哲也に挑むのはジュース・ロビンソン。これは両国国技館大会の8人タッグマッチでジュースが内藤に直接勝利したことから決まったものだが、内藤自身は借りを返すどころか「1回勝っただけで」と不満げ。そもそも両国大会でタイトルマッチが組まれていないことでも団体を批判していた。
アメリカから日本にわたり、新日本道場に入門して“新人”として闘ってきた、いわば叩き上げのジュースに対しても、内藤は容赦がない。
ジュースが来日した際にタッグを組んだことに言及し、今回のメインイベント登場、タイトルマッチまで「すべて俺のおかげ。俺の手の平の上ってこと」と余裕を見せた。
さらに、ジュースに対して大会当日の条件として「自分を応援してくれる人を1人でもいいから連れてこい。誰からも応援されないんじゃ寂しいだろ」とも。前哨戦の中で相手の実力を見切ったということなのか、コメントは「不満」以上に「余裕」の色が感じられるものになってきた。

5月1日には、鹿児島大会の10人タッグ戦でタイガーマスクWと初遭遇を果たす内藤。「興味がない」と語ってはいるものの、自分から防衛戦の相手としてその名をあげているだけに、攻防は白熱するはず。
内藤は「テーマがない」とあえて言うことでジュースとのタイトルマッチへの注目度を上げてもいる。“制御不能”な男は、やはり新日本の話題の中心だ。

(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd. All right reserved.

最終更新:4/27(木) 12:00
AbemaTIMES