ここから本文です

首位を快走するチェルシーにリヴァプールMF「彼らは幸運で、僕たちにはそれがなかった」

4/27(木) 17:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

怪我人の差を嘆く

今季のチェルシーはアントニオ・コンテの下で非常にまとまっており、プレミアリーグ制覇に近づいている。しかし、それは実力だけではなくラッキーがあったからかもしれない。そう主張しているのがリヴァプールMFエムレ・チャンだ。

フクス怒りのスローインがサンチェスを直撃!

チャンが指摘したのは怪我人の違いだ。リヴァプールは現在もジョーダン・ヘンダーソンやサディオ・マネなど一部の主力を負傷で欠いているが、チェルシーは負傷者がほとんど出ていない。

英『The Guardian』によると、チャンは「ベンチを見ると、みんなとても若い。僕たちは負傷で多くの選手を失っているんだ。チェルシーを見てみるべきだよ。彼らは幸運であり、僕たちにはそれがなかった。これは言い訳ではないよ。僕たちは目標に向かって戦わないとね」とコメントしている。

チェルシーもリヴァプールも欧州カップ戦に出場していないという条件は同じだ。しかし、チェルシーはエデン・アザール、エンゴロ・カンテなどキープレイヤーを使い続けることができている。層が薄いと言われたウイングバックでもヴィクター・モーゼスとマルコス・アロンソがフル稼働しており、これは幸運と言えるかもしれない。リヴァプールも主力が怪我なくシーズンを戦えていれば優勝争いに残っていた可能性もあるが、運がなかったのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合