ここから本文です

ネトオクの現金出品、Suicaや金券も「不適切なら削除」 弁護士からは「“ブラック”に近い“グレー”」の声

4/27(木) 16:20配信

AbemaTIMES

 現在流通している紙幣の出品行為が禁止されたばかりのネットオークションやフリマアプリで今度は、交通系ICカード「Suica」が売買されているとTwitter上で話題になっている。

 紙幣の出品をめぐっては、クレジットカードを使った現金化の手段として利用されていた。運営側の対応として、フリマアプリ「メルカリ」はトラブル防止のため「現行の紙幣・貨幣の出品を禁止」「現金の出品があれば強制的に削除」するとし、ヤフオクは「紙幣及び貨幣だけでなく、電子マネーや金券についても不適切だと判断した場合に削除」するとしている。

 この問題について濱門俊也弁護士(※「濱」は正式には俗字体)は「現行の法律上では規則がなく、限りなく“ブラック”に近い“グレー”と言わざるを得ない」としており「今回の行為が今後、貸金業法や出資法、マネーロンダリングなど他の犯罪に抵触する恐れがあるためサイト側も未然に防ぐ必要が出た」と話した。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:4/27(木) 16:20
AbemaTIMES