ここから本文です

魔術師イスコに敵サポーターも酔いしれる ジダン「敵のファンから拍手されるのは、それほどあることではない」

4/27(木) 20:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「完璧なゲームで芸術的」

レアル・マドリードは現地時間26日、敵地でデポルティボと対戦し、6-2で快勝した。レアル・マドリードは、バルセロナ戦からDFマルセロとDFナチョ以外、9人のスタメンを入れ替えて臨んだが、チャンスを掴んだ選手たちが躍動した。

スペイン『as』はデポルティボ戦に出場したレアル・マドリードの選手たちについて、もう一つのレアル・マドリードはリアソール(デポルティボの本拠地)でバレエ・マドリードだった。イスコ、(マテオ・)コバチッチ、(マルコ・)アセンシオは完璧なゲームで芸術的だったとマッチレビューで称賛した。

特に輝きを放ったのは、上向き調子にもかかわらずエル・クラシコでは出場機会の得られなかったイスコで、先制点をアシストでお膳立てしたほか、77分には自らも得点を挙げる活躍ぶりだった。そして79分にFWマリアーノ・ディアスに代わってピッチに退く際には、アウェイまで駆けつけたレアル・マドリードのサポーターだけでなく、デポルティボのサポーターからも拍手を送られた。

ジネディーヌ・ジダン監督は、クラブの公式サイトを通じて「敵チームのファンから拍手されるというのはそれほどあることではないが、イスコのプレイは並外れたものだった。ピッチで誰もができることではないプレイをし、観衆はそれを祝福した。そして彼の仕事ぶりに喜んでいる。出場機会があるとき、常に期待に応えてくれる」と、芸術的なプレイを披露したイスコを称賛している。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合