ここから本文です

オリックス、敵失策でサヨナラ勝利! 3連勝で首位・楽天に1.5差に迫る

4/27(木) 21:07配信

Full-Count

9回2死から代打・小谷野の打球を西武・中村が悪送球

 オリックスは27日、本拠地での西武戦で9回に劇的なサヨナラ勝利を収め、3連勝で首位・楽天に1.5ゲーム差に詰め寄った。

 オリックスは松葉、西武は十亀と元ドラフト1位指名対決となったこの日。どちらの先発も期待に違わぬ好投を見せた。今季初先発となった十亀は初回に1死満塁から押し出し四球で先制を許すが、その後は4回1死からモレルに中前打されるまで打者9人を連続凡退。4回に1点を追加されたものの、6回2/3を6安打2失点とした。

 一方の松葉は、5回まで3イニングで3者凡退とするピッチングを見せたが、2点リードの6回に畳みかけられた。先頭・秋山にレフト前、続く源田にセンター前にヒットを運ばれ、無死一、二塁。続く浅村は一ゴロで1死二、三塁としたところで、中村にレフトへ2点タイムリーされ、同点に追いつかれた。

 試合は同点のまま9回へ。オリックス守護神の平野が西武打線を無失点に抑えると、その裏1死から駿太がこの日3安打目となるライトへの二塁打で出塁。1死二塁から代打・小谷野は打球が三塁へ転がると全力疾走した。危なげなく捕球した三塁・中村だったが、一塁へまさかの悪送球。この間に二塁走者だった駿太がサヨナラの生還を果たした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/27(木) 21:07
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 12:45