ここから本文です

阪神鳥谷、巨人阿部らのスタメン外しは正解か?間違いか?

5/1(月) 6:00配信

THE PAGE

阪神の鳥谷敬(35)が30日、甲子園で行われた中日戦でスタメンを外れた。昨年9月30日の巨人戦以来だ。金本監督は、試合後、「鳥(鳥谷)も、調子が落ちてきている。左ピッチャーということもあって、今日、明日で休養も兼ねて、来週からまた(スタメンで)いってもらうぞということで」と、休養の意味をこめてのスタメン外しだったことを明らかにした。

 鳥谷は好スタートを切ったが、慣れない三塁の守備での疲労なども蓄積、ここ10試合は、打率.156と調子を落としていた。連続試合出場の記録を更新中の鳥谷は7回に代打で出場、レフト前ヒットを放つと、そのまま守りに入った。

 阪神では、福留孝介(40)も休養目的で4月18日の中日戦で1試合、スタメン外しが行われているが、巨人でも、阿部慎之助(38)を4月22、23日の阪神線で続けてスタメンを外して、その起用法が波紋を広げた。知将として知られた球界の意見番の一人が「考えられない」と疑問を投げかけたからだ。下半身に張りが出ていたことも、スタメンから外れた理由のひとつだったようだが、高橋監督は、「阿部にばかり頼るわけにはいかない。他の選手にもがんばってもらわないと」とも語っていた。

 これらの起用法は是か非か。

 長いシーズンを戦うメジャーリーグでは、ナイターからデイゲームの日程や、東西の長距離移動後のゲームなどで、主力を休ませるような戦略は、当たり前のようにとられている。マーリンズの第4の外野手であるイチローがスタメン出場できるのも、スタントンやイエリッチを休養させるケースでのチャンスだ。

 実は日本でも、2005年にロッテのバレンタイン監督が、この起用法を大胆に使ったことがある。

 当時、選手だった評論家の里崎智也氏が言う。

「バレンタイン監督はシーズンを通じたマネジメントとして休養をうまく使いました。キャッチャーは、僕と左打者の橋本将、二遊間は西岡剛、堀幸一さん、小坂誠さんの3人で2人を使い、外野はサブロー、フランコ、イ・スンヨプ、ベニー、大塚明さん、DHはフランコ、イ・スンヨプ、ベニーで回していくという起用法でした。
 結果、年間を通じてケガ人は減り、各選手が調子を維持することになり、日本一になりました。控えという立場の選手がなく、全員が試合に出るつもりで球場に来るので、心も体もしっかりと準備を整えてくるし、全員のモチベーションが上がります。巨人の阿部の代わりにスタメンで出た村田もモチベーションが上がったのではないでしょうか? またこの起用法は、交代で出る選手のレベルが落ちれば、意味がありません。全体の底上げにもつながります」

1/2ページ

最終更新:5/1(月) 13:20
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ