ここから本文です

柳原陽一郎(ex.たま)、EGO-WRAPPIN'とスカートを招き『ピテカントロプスになる日』開催へ

4/28(金) 22:30配信

エキサイトミュージック

より広い意味で“音楽”を楽しみたい、という想いのもとに2015年のデビュー25周年を機にスタートした柳原陽一郎(ex.たま)のライブイベント『ピテカントロプスになる日』。出演者それぞれの音楽はもちろん、お互いの音楽をリスペクトして楽しくシェアすることをテーマとしたこのイベントの第3回目が、昨秋に続き早くも開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回も独自の世界を構築するアーティスト2組が出演することになった。まずは多様なジャンルを消化吸収した斬新な音楽性で、デビュー以来注目され続けているEGO-WRAPPIN'。結成20周年を記念して2016年にリリースされたベストアルバム『ROUTE 20 HIT THE ROAD』に、影響を受けた音楽として「さよなら人類」のカヴァーを収録したことから今回の出演が実現。当日は、カヴァー曲の選曲時に最後の最後まで候補に残った「満月小唄」の共演をはじめ、他にも昭和歌謡など数曲のセッションが披露されるという。

そしてもう1組は、自ら不健康ポップバンドと名乗る澤部 渡のソロプロジェクトのスカート。どこか影を持ちながらも清涼感のあるエバーグリーンなソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集めているスカートだが、この澤部 渡、実はマルチな演奏家としても非常に優れた才覚の持ち主。ギターはもとより、しなやかなドラミングを買われてドラムやパーカションでも活動の幅を広げている。今回のイベントではキーボーディストの佐藤優介(カメラ=万年筆)とともに出演。セッション曲としては柳原楽曲の「牛小屋」を筆頭に、こちらもまた複数曲が用意されている模様だ。

2015年8月、2016年10月に開催された過去2回とも、来場者から「素敵な音楽の輪を見るよう」「正直、なかなかこんなにいい企画のライブイベントはないと思う」と絶賛の嵐となった『ピテカントロプスになる日』。それぞれの歌とセッションで織りなす、この日限りの贅沢なコラボレーションを堪能しよう。

≪イベント概要≫
【ピテカントロプスになる日 vol.3~平成歌謡絵巻 ブルースの“カケラ”をひろって~】
公演日:2017年5月17日(水)
会場:渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
出演:柳原陽一郎、EGO-WRAPPIN'、スカート(澤部渡、佐藤優介)
時間:18:30開場 / 19:00開演
チケット:前売り¥3,800 / 当日¥4,300(ともに税込、ドリンク代別途)
・Music For Life
・チケットぴあ(Pコード:327-414)
・ローソンチケット(Lコード:73084)
・e+
イベント詳細ページ:
問い合わせ:duo MUSIC EXCHANGE(TEL.03-5459-8716)