ここから本文です

核禁止条約交渉会議に不参加 ”世界で唯一の核被爆国”日本取るべき行動は?

4/28(金) 11:32配信

AbemaTIMES

(c)AbemaTV

 核兵器を非合法化し廃絶を目指す「核兵器禁止条約」の制定交渉会議に不参加を表明した日本政府。アメリカの「核の傘」との狭間でゆれるこの問題。世界で唯一の被爆国・日本は、どう向き合うべきかなのか?元外務省国際情報局長の孫崎亨(まごさき・うける)さんに話を聞いた。

 孫崎さんは日本が取るべき行動について「日本はアメリカの戦略に基本的に追随し、その過程でアメリカが核兵器を使用する政策を”是”としているが、核兵器の被害というものを受けた国は日本しかない。だから当然の事ながら、”核兵器を使わない”という推進者の先頭に立つことを世界中が期待していると思います」と話した。

 また、一番重要なことは 自分たちの国・国民の利益という。「自分たちの国民の利益がどうなっているかという所がスタートだと思うんです。”我々は唯一の被害国であって、核兵器の廃絶に是と全国民が期待している”と言った時に、アメリカが制裁するような事態はないと国民はもう少し理解していいのではないかと思う」と指摘した。

最終更新:4/28(金) 11:32
AbemaTIMES