ここから本文です

大同特殊鋼の前3月期、経常益5%増の263億円

4/28(金) 6:01配信

鉄鋼新聞

 大同特殊鋼の17年3月期連結決算は、売上高4451億円(前期比3・4%減)、経常利益263億7300万円(同5・0%増)、純利益163億8600万円(同2・42倍)となり減収増益。期末配当は6円(創業100周年記念配2円含む)で、年間配当は同2・5円増配の10円。

 特殊鋼鋼材は、北米・中国での自動車販売が堅調に推移したことで数量は同7%増加(単体の販売数量は121万9千トン)し、営業利益は58億1300万円(同23・1%減)だった。機能材料・磁性材料は、売上高は前期より少なかったが、販売数量増で営業利益は同44・1%増の174億1600万円だった。純利益の大幅な増加は、前期に計上した特別損失(ソフトウエアの開発中止に伴う損失)要因がなくなったため。
 今期は、4~9月期が売上高2370億円、経常利益150億円、純利益100億円、通期は売上高4800億円、経常利益310億円、純利益200億円、年間配当10円を見込む。

最終更新:4/28(金) 6:01
鉄鋼新聞