ここから本文です

杉田祐一がATP500で初の8強入り [バルセロナ/男子テニス]

4/28(金) 0:18配信

THE TENNIS DAILY

「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/スペイン・バルセロナ/4月24~30日/賞金総額232万4905ユーロ/クレーコート)のシングルス3回戦で、杉田祐一(三菱電機)が第7シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-3 6-3で倒してベスト8進出を決めた。試合時間は1時間17分。

ナダル、マレーが勝ち上がり、韓国のチョン・ヒョンも金星、モンタネス引退 [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]

 両者今回が初対戦。今大会に2年ぶりに出場した杉田は予選決勝で敗れたがラッキールーザーで本戦入りを果たし、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した元世界ランク5位のトミー・ロブレド(スペイン)を6-4 6-3で下して大会初勝利を挙げると、2回戦では第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)を4-6 6-3 7-6(3)で破る金星を挙げていた。初出場だった2015年には予選を勝ち上がったが、1回戦でトーマス・ベルッチ(ブラジル)に1-6 0-6で敗れていた。

 28歳の杉田がATPツアーで8強入りを果たしたのは2012年1月のチェンナイ(ATP250/ハードコート)以来で、ATP500の大会では初となる。

 杉田は準々決勝で、第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは3回戦で、ダニエル・エバンズ(イギリス)を7-6(5) 6-2で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo: BARCELONA, SPAIN - APRIL 24: Yuichi Sugita of Japan in action in his match against Tommy Robredo of Spainduring the Day 1 of the Barcelona Open Banc Sabadell at the Real Club de Tenis Barcelona on April 24, 2017 in Barcelona, Spain. (Photo by fotopress/Getty Images)

最終更新:4/28(金) 0:58
THE TENNIS DAILY