ここから本文です

(学)森友学園、民事再生手続の開始決定を受ける

4/28(金) 12:57配信

東京商工リサーチ

 4月21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全管理命令を受けていた(学)森友学園(TSR企業コード:571387365、法人番号:3120005004758、大阪市淀川区塚本1-6-25、設立昭和46年3月、資産総額8億7984万円、理事長:籠池千浪氏(通称:町浪氏))は4月28日午前10時、同地裁より再生手続開始決定と管理命令を受けた。管財人には、保全管理人であった疋田淳弁護士(疋田・團法律事務所、大阪市中央区北浜2-1-19、電話06-6229-3240)が引き続き選任されている。
 負債総額は申請時点で16億6500万円であるが、建設中であった小学校工事の出来高の査定次第で膨らむ可能性がある。

 理事長・園長の籠池千浪氏は、本日弁護士を通じて「今後は裁判所の監督のもと、管財人による公平・公正な手続きで当学園の再建を図ることとなる。塚本幼稚園幼児教育学園は、これまで通り運営を継続し、園長と教職員が誠心誠意、真心をこめて園児の皆様の教育にあたる所存」とのコメントを発表している。

 東京商工リサーチが2017年1月にまとめた「民事再生法適用企業の追跡調査 (2000年度-2015年度)」では、民事再生法が施行された2000年4月以降、同法の適用を申請した法人7,341社のうち、70.9%(5,205社)は申請後に吸収合併や破産・特別清算などで消滅している。

東京商工リサーチ