ここから本文です

市長へ面会要求繰り返す つきまとい容疑で男逮捕 鎌ケ谷署

4/28(金) 11:17配信

千葉日報オンライン

 千葉県警子ども女性安全対策課と鎌ケ谷署は27日、千葉県迷惑防止条例違反(つきまとい行為等の禁止)の疑いで鎌ケ谷市、自称無職の男(74)を逮捕した。

 逮捕容疑は清水聖士・同市長への面会を求めて4月9~10日、「ご家族が突然の訪問に驚き、恐ろしい思いをしないよう事前に説明を」「言い分も聞かず警察に被害届けを出すなどの行為は人間として最低」などと記載した書面1通を、同市東部学習センターに設置された市民ポストへ投函(とうかん)。

 さらに21日、「まともな回答をもらうまで続けるのは当然であってエンドレス」などと記した書面1通を清水市長の自宅ポストへ投函し、義務のない要求を繰り返すなどしてつきまとい行為をした疑い。

 同課によると、男は2014年秋以降、行政手続きに関する対応を巡り、同市とトラブルになっていた。容疑を認め「直接市長に言いたいことがあった」と説明している。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)