ここから本文です

【動画解説】ゴールデンウィークの天気 大規模雷雨と暑さに注意

4/28(金) 13:48配信

ウェザーマップ

 いよいよゴールデンウィークです。29日(土)は、広い範囲で雷雨のおそれがあります。連休後半は北海道でも夏日が予想されるなど、各地で暑くなるため熱中症にも注意が必要です。

 上空の強い寒気の影響で、29日午後をピークに広い範囲で雷雨があるでしょう。突風や竜巻、ひょうを伴うおそれもあるため、十分な警戒が必要です。5月1日(月)も、再び上空の寒気が流れ込むため、あちらこちらで雷雨がありそうです。これは、29日ほど大規模なものではなさそうですが、引き続き空模様の急変には注意して下さい。その後、上空の流れはがらっと変わり、連休後半には北海道まで暖気が入ります。4日(木)の予想最高気温は、帯広で28℃です。

 ゴールデンウィークの各地の予報をみていくと、晴れのマークが多いですが、29日と1日は、近畿から北海道を中心ににわか雨や雷雨に備えた方が良さそうです。2日以降は、日差しに恵まれるところが多いでしょう。気温は、北日本で週後半ほど高くなります。関東から西では、25℃くらいまであがる日が多くなりそうです。

 気温以上に暑くなるのが車の中ですので、車内での熱中症には特に注意しましょう。幼い子供やペットなども気にかけてあげて下さい。(気象予報士・國本未華)

最終更新:4/28(金) 13:48
ウェザーマップ