ここから本文です

白フクロウの御利益!? 連敗止めたハム栗山監督「白フクロウと会話した」

4/28(金) 7:40配信

Full-Count

「部屋にい過ぎるから」動物園で気分転換「福岡の皆さんに心配されたよ」

 10を数えた連敗が止まった。27日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。厳しい接戦を制して、日本ハムが長いトンネルから抜け出した。久々の勝利の瞬間を味わった栗山英樹監督は「連敗している時はこういうものだから。みんな勝ちたいという気持ちはある。よく頑張ってくれた。どっかで止まるんだけど、何度も言ってきたけど、ここからが大事」と、視線を先に向けた。

各球団発表、2016~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 連敗を止めたこの日の朝。指揮官は福岡市内にある動物園に足を運んだ。10連敗中。「部屋にい過ぎるから」と気分転換も兼ねて、動物を見て回った。「白フクロウと会話したけどね。頑張ろうな、オレはめげないぞって」と北海道にも生息し、幸運を呼ぶと言われるフクロウに奮起を誓った。その動物園では「福岡の皆さんに心配されたよ。そういうのがあって(部屋から)出ないの。さすがにホークスファンの人も心配してくださっていた」のだという。

「癒されたというか」と気持ち新たに迎えたこの日の試合。2点を先制しながら、宮西が柳田に痛恨の同点2ランを浴びて、延長戦へともつれ込んだ。嫌な流れを感じる試合。延長10回に4番の中田が決勝の3ランを放ち、それを振り払った。

11試合ぶり勝利に「野球って1つ勝つのがこんなに大変」

 その裏、2イニング目のマウンドに上がった増井が2点を返される。なんとか最後は凌ぎ切ったが、勝つ難しさを感じさせる試合に「野球って1つ勝つのがこんなに大変なんだっていうね。普段から何を思ってやらないといけないのか、何を考えなきゃいけないのか、1球1球に対してもっと何か出来ることがあるというのを学んでいくわけ」と指揮官は語った。

 苦しみながらも、掴んだ4月13日のソフトバンク戦(ヤフオクD)以来、11試合ぶりの白星だった。接戦の末の大きな1勝に「1試合1試合選手が上手くなるような内容の野球をするということが大事。10点くらい取って勝つより、こういう風に勝ち切ると意味がある」と栗山監督。2週間に及んだ遠征が終わり、ようやく本拠地・札幌へと戻る。

「何度も言っているけど、ここからだから。止めてから、ちゃんと野球が出来るかどうかが大事だから。この後のほうが大事。明後日からしっかりやっていきます」

 白フクロウが住むという北の大地。泥沼から抜け出した日本ハムが、反攻に打って出る。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/28(金) 7:40
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 23:50