ここから本文です

【MLB】青木宣親、4戦連続安打で日米通算1983安打 通算2000安打まで残り「17」

4/28(金) 10:16配信

Full-Count

9回の同点チャンスで代打を送られて交代、チームは逆転負け

 アストロズ青木宣親外野手は27日(日本時間28日)、敵地でのインディアンス戦に今季初「2番・右翼」で先発。第1打席に遊撃内野安打を放ち、4試合連続安打を記録した。これで日米通算1983安打となり、通算2000安打まで残り17本とした。チームは3-4で逆転負けし、2連敗を喫した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 第1打席に遊撃内野安打で出塁した青木は、第2打席に空振り三振。2点リードの4回無死一塁からの第3打席は、一ゴロながらも併殺をまぬかれたが、次打者の打席で二盗に失敗した。

 第4打席は二ゴロに倒れたが、1点を追う9回1死一塁で迎えた第5打席に代打ベルトランを送られ、ベンチに退いた。4打数1安打で打率は.346となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/28(金) 10:16
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ