ここから本文です

モウリーニョ、出場機会減らすブラジル代表ウインガーを強奪か

4/28(金) 16:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ビッグゲームでの勝負強さが光る

今季のプレミアリーグ33試合消化時点で、5位につけているマンチェスター・ユナイテッド。来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得にむけて厳しい戦いが続いている同クラブだが、今夏の戦力補強にむけた動きも水面下で進んでいるようだ。

同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、現チェルシー所属MFウィリアンの獲得を熱望していると、米『ESPN』が伝えている。2013年8月にチェルシーに加入した同選手は、当時の指揮官であるモウリーニョ監督の薫陶を受け、プレミアリーグ屈指のウインガーに成長。しかし、今季よりチェルシーの指揮を執るアントニオ・コンテ監督のもとでは出場機会が減少しており、今季のリーグ戦の先発出場は13試合に留まっている。

昨年12月に行われた同リーグ第14節マンチェスター・シティ戦や今月22日に行われたFAカップ準決勝トッテナム戦など、今季はビッグゲームでの得点が光っているウィリアン。正確無比なプレイスキックや機動力は健在の同選手だが、より多くの出場機会を求め、かつての師のもとに舞い戻るのだろうか。今後の動向に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報