ここから本文です

ネイマール、「3番手の立場」に嫌気? 今夏にプレミア移籍検討で“赤と青”に接触と英紙

4/28(金) 16:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

よもやのプレミアリーグ上陸か

彼は常にピッチ上の主人公であることを望んでいるようだ。バルセロナのネイマールが今夏のスペイン脱出を検討しており、プレミアリーグの2クラブが名乗りを上げているという。

昨年10月にクラブと新たに5年契約を締結し、そのバイアウト価格は約240億円ともされるネイマール。25歳にしてズバ抜けた才能を有する同選手の獲得については、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョが「彼との契約はミッション・インポッシブル」と語るなど、実現の難しさを吐露していた。しかし、英『Daily Record』はそんなユナイテッドとチェルシーがネイマールにすでに接触し、彼もその事実を複数の友人に打ち明けたと報道。同紙はネイマールが今夏にバルセロナ退団を考慮する理由として、リオネル・メッシとルイス・スアレスに次ぐ“3番手としての立場”に嫌気が指していることや、スペインでの脱税疑惑などを挙げている。

チェルシーは過去にもロマン・アブラモビッチオーナーがクラブ復権のキーマンとしてネイマール獲得に着手したと報じられており、仮にエデン・アザールをレアル・マドリードに売却すれば、天文学的な巨費を手にすることは確実となる。果たしてこの夏、衝撃的なビッグディールは成立するのだろうか。続報に期待だ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1