ここから本文です

ソフトB川崎「すごく楽しめた」 6年ぶり復帰戦で美技&ヒット、勝利で飾る

4/28(金) 21:33配信

Full-Count

6年ぶりヒットが決勝弾に繋がり「先頭で出て良かった」

 米球界から6年ぶりにソフトバンクへ復帰した川崎宗則内野手が、復帰初戦を白星で飾った。28日のオリックス戦(京セラD)で1軍に合流すると、「1番・二塁」でいきなりスタメン出場。7回に記念すべき復帰後初安打を放ち、決勝点へと繋がった。

 同点に追いつかれた直後の7回、先頭で打席に入った川崎はオリックス先発・西の初球をとらえ、中前へと運んだ。これが復帰後初安打。その後、福田が右翼席へ決勝2ラン。川崎は本塁へと生還して初得点を記録し、これが決勝点となった。

 第3打席までは無安打も、守備で魅せていた。4回2死一、二塁での守備で中前へ抜けようかというライナーに横っ飛び。グラブに入った打球は一度こぼれ出たが、落ち着いて拾い、遊撃の今宮へトスした。中前へ抜ければ失点となる場面で、チームを救う好プレーを見せた。

 7回の守備からベンチへと退いた川崎。試合後には球団を通じて「全部ヒット狙いにいきましたが先頭で出て良かった。久しぶりの日本で1軍での試合すごく楽しめました。明日もがんばります」とコメントした。強力な“補強”で、ソフトバンクが乗ってきそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/28(金) 21:33
Full-Count