ここから本文です

ソフトB福田が決勝2ラン 川崎の“ゲキ”「Have fun!」に「僕も楽しもうと」

4/28(金) 21:41配信

Full-Count

先輩の復帰戦に花添える「ムネさんに上達したところを見せたいと思っていた」

 ソフトバンクの福田秀平外野手が、大仕事をやってのけた。28日のオリックス戦(京セラD)。3回に柳田が左足に死球を受けた影響で、3回の守備から途中交代で中堅へ。すると、7回無死一塁で決勝の1号2ランを放った。

 同点と追いつかれた直後の7回。この日1軍の合流し、即スタメンとなった川崎が復帰後初安打となる中前安打で出塁。今宮の犠打で1死二塁とし、福田が打席に入った。

「狙っていたストレートを一発で仕留めることが出来た」

 2球目、甘く入ったボールを捉えると、打球は右翼スタンドへ。勝ち越しの3ランとなった。今季初安打が、決勝のアーチとなり「よっしゃ?と思って走っていました」。ダイヤモンドを一周すると、ホームで待つ川崎に熱い抱擁で祝福された。

 この日は、6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎の初陣。ヒーローインタビューで福田は「ムネさんがミーティングで『Have fun!』と言っていて、僕も楽しもうと思ってやりました」と試合前の舞台裏を明かす。

 07年に多摩大聖ヶ丘高からソフトバンクに入団した福田。川崎が12年にマリナーズに移籍するまで、6年間チームメートで「海を渡っている間も、ムネさんに上達したところを見せたいと思っていた」という。「この一発はムネさんのおかげかもしれないです」。先輩の復帰戦に、頼もしく成長した後輩が花を添えた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/28(金) 21:48
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 11:10