ここから本文です

ラプターズがバックスに勝利、キャブスが待つ東地区準決勝に進出

4/28(金) 14:16配信

バスケットボールキング

 4月28日(現地時間27日)にNBAプレーオフ1回戦第6戦が行われ、イースタンカンファレンス3位のトロント・ラプターズが同6位のミルウォーキー・バックスと対戦した。

 試合序盤から、ラプターズのデマー・デローザンとバックスのヤニス・アデトクンボによる激しい点の取り合いが展開される。ラプターズは第1クォーターを4点リードで終えると、第2クォーターも点差を広げ、51-38と13点差で前半を終了した。

 第3クォーターもカイル・ラウリー、サージ・イバカ、ノーマン・パウエル、デマーレ・キャロルが次々と3ポイントシュートを沈めて最大25点差に。しかし、74-61で迎えた最終クォーターは厳しいディフェンスを仕掛ける相手にシュートを決められない時間が続く。さらに、クリス・ミドルトンとジェイソン・テリーに3ポイントを決められ、試合終了残り3分6秒には78-80と試合をひっくり返された。それでも、最後はエースのデローザンがレイアップやダンク、フリースローで加点し、最終スコア92-89で勝利。シリーズ対戦成績を4勝2敗とし、イースタンカンファレンス準決勝進出を決めた。

 最終クォーターに追いあげを見せたバックスだったが、この敗戦でシーズン終了。ゲーム最多の34得点を挙げたアデトクンボは試合後の記者会見で、「とても疲れていたけど、チームメートとファンのおかげでがんばることができた」と感謝の言葉を述べた。

 なお、ラプターズは準決勝でクリーブランド・キャバリアーズと対戦。第1戦は5月2日(同1日)に行われる。

【試合結果】
ミルウォーキー・バックス 89-92 トロント・ラプターズ

BASKETBALL KING