ここから本文です

兼六園のロゴ完成 観光協、金沢美大生と製作

4/28(金) 2:45配信

北國新聞社

 兼六園観光協会は、兼六園の魅力を伝える協会のロゴマークを作った。金沢美大生と共同で製作し、徽(こと)軫(じ)灯籠(とうろう)をモチーフとし、外国人観光客が読めるようローマ字表記を加えた。ロゴを記載した土産品が29日から兼六園の茶店限定で販売される。

 ロゴマークは色が異なる6種で、ピンクやオレンジ、青、グレーで四季を表現した。兼六園限定商品の第1弾として、雪づりや梅鉢の模様をあしらったトートバッグ3種と手ぬぐい5種を作った。価格はいずれも1080円(税込み)。

北國新聞社

最終更新:4/28(金) 2:45
北國新聞社