ここから本文です

マツダ、CX-8の国内導入を発表 国内初の3列シートを採用

4/28(金) 12:30配信

carview!

マツダは28日、新型クロスオーバーSUV「CX-8」を2017年中に国内で発売すると明らかにした。CX-8は、国内におけるSUVシリーズの最上級に位置するモデルとなり、国内モデルでは初の3列シート採用車となる。

【拡大写真を見る】

CX-8のボディサイズは、全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースは2930mmという堂々とした大きさ。既存のラインアップでは大柄な「アテンザワゴン」と比べると、全長は CX-8の方が35mm長く、全幅は同じ。全高はもちろんCX-8の方が高い。

なおCX-8は、乗車定員6名タイプと7名タイプの両方が設定される。写真は2列目シートが左右独立タイプとなる6人乗り仕様だ。

エンジンは、新世代クリーンディーゼルの「SKYACTIV-D (スカイアクティブ・ディー)2.2」の搭載が予定されている。これに6速オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブドライブ)」が組み合わされる。

マツダの小飼雅道社長は「CX-8はマツダらしい走りやデザイン、質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した」とニューモデルをアピールする。発売は「2017年中」と詳細は明らかにされておらず、続報に期待という状況だ。

株式会社カービュー

最終更新:4/28(金) 12:30
carview!