ここから本文です

ボールボーイへの大人げない対応で一発レッド…徳島DFが乱暴な行為で退場に

GOAL 4/29(土) 16:28配信

明治安田生命J2リーグ第10節が29日に行われ、フクダ電子アリーナではジェフユナイテッド千葉と徳島ヴォルティスが対戦した。この試合で徳島DF馬渡和彰が、ボールボーイへの乱暴な行為により退場した。

事件が起きたのはスコアレスで迎えた14分。左サイドにロングパスが入り、馬渡がこれを追う。GK佐藤優也が飛び出してタッチラインへクリアすると、素早くリスタートしたい馬渡がボールボーイにボールを要求する。ボールボーイがすぐにボールを渡さなかったこともあり、これに馬渡がヒートアップし、ボールを軽くぶつけてしまった。高山啓義主審はこれを乱暴な行為と判断し、馬渡にレッドカードを提示。徳島は思わぬ形で10人での戦いを強いられることとなった。

これまで、世界でも同様の事件は起きており、2013年にはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールがキャピタル・ワン・カップ準決勝のスウォンジー・シティ戦でボールボーイをボールごと蹴って一発退場になっていた。

なお、試合は千葉が2-0で勝利を収めた。

GOAL

最終更新:4/29(土) 16:28

GOAL