ここから本文です

木村拓哉「かわいがってやってください」と笑顔!海老蔵と丁々発止のやり取り披露

4/29(土) 15:11配信

Movie Walker

木村拓哉が不死身の用心棒を演じる映画『無限の住人』の初日舞台挨拶が4月29日に丸の内ピカデリーで開催され、木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、市川海老蔵、三池崇史監督が登壇。木村が「今日をもって『無限の住人』が客席のみなさまのものになります。どうかかわいがってやってください」と愛情たっぷりに語り、大きな拍手を浴びた。

【写真を見る】戸田恵梨香、黒のシックなドレス姿!肩のチラ見せテクがセクシー

本作は、不死身の男・万次(木村)が、両親を殺された少女・凛(杉咲)の用心棒となり、仇討ちのための戦いに身を投じる姿を描くアクション・エンタテインメント。“ぶった斬り”エンタテインメントと銘打たれた本作では木村と海老蔵も激しい対決に挑んでいるが、ステージでは二人が丁々発止のやり取りを見せて会場を盛り上げた。

海老蔵はもともと初日舞台挨拶に来る予定ではなかったそうだが、先日、新幹線で偶然に木村に会った縁で登壇することになったという。海老蔵は「先輩に新幹線で会っちゃったので。ここに来る流れになった。本日ご挨拶できますことも、木村拓哉さんという大スターの魅力が引き寄せた力。新幹線で会えて本当によかった」とノリノリで語り、会場と木村を笑わせた。

対決シーンでは、木村の向上心に驚いたという海老蔵。「木村拓哉さんは、もっとリアルなものにしたい、もっと刺激のあるものにしたいという感覚が人より多い方。『おい、海老蔵。これ、こうやってみないか?』」とモノマネを交えて解説。

また京都の寒い撮影のなか、「『おい、海老蔵。これあったかいから入れておけ』と木村さんが缶コーヒーをくれた。木村拓哉と海老蔵が缶コーヒーを(懐に)入れながら、寒さを堪えていた」と暖をとるために、木村が缶コーヒーをくれたとも。海老蔵は「大してあったかくないんですが、木村さんがくれたら『あ、あったかいっすね』と言わざるを得ない。楽しかった!」と笑顔を弾けさせ、再び会場の笑いを誘った。

木村も「そんな言い方してないだろ!」と突っ込みつつ、「色々キャンペーンをやらせていただきましたが、海老蔵が参加してくれるのは今回が初」と楽しそうな笑顔。司会から「不死身の人は誰だと思う?」と聞かれると、木村が「海老蔵」と即答する一幕もあった。「常識も備えつつ、これだけ自由な人はいないと思う。死なないんじゃないかですかね」と伸びやかな海老蔵の魅力にぞっこんで、海老蔵も「ありがとうございます」とニンマリとしていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:4/29(土) 16:08
Movie Walker