ここから本文です

GT-R NISMOが激売れ!シビックタイプRがニュル最速を更新! ほか【週間人気記事ランキング】

4/29(土) 10:30配信

オートックワン

この1週間でよく見られていたオートックワン自動車ニュースをランキング形式で紹介します。

フォトギャラリー>>売れまくりGT-R NISMOなど話題のクルマを写真でチェック!

今週忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がわかります!

1位:1870万円のGT-Rが売れまくり!日産の高性能スポーツブランド“NISMO”が事業を拡大

日産は4月25日、NISMOロードカー事業を拡大することを発表しました。昨年8月に発売した「GT-R NISMO 2017年モデル」は価格が1870万円と高価ではありますが発売から1ヵ月で約400台を受注し、売れ行き絶好調!

2013年1月の「ジュークNISMO」を発売以来、現在、日本では「GT-R」、「フェアレディZ」、「ジューク」、「ノート」、「マーチ」の5車種を展開しています。

2位:バイク人気再燃!?ホンダ「CBR250RR」が発表後3日で受注が年間計画台数を上回る

ホンダが4月18日に発表した「CBR250RR」が、発表後3日間で年間販売計画台数3,500台を上回る3,714台を受注していることがわかりました。(4月21日時点)

週間ランキングでもなかなかバイクの記事はランクインしないのですが「CBR250RR」のニュースが堂々の2位に入りました!

扱いやすく力強い出力特性の新開発の直列2気筒250ccエンジンを搭載したことや、250ccクラスで初となる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」の採用などが購入ポイントだそうです。

3位:アストンマーティン、6リッターV12エンジン搭載の「新型ヴァンキッシュS」発売!価格は3457万円から

今回のニュースランキング1位になったニュースでも紹介している「GT-R NISMO 2017年モデル」も1870万円と高価ですが、この価格を見たら安く感じてしまうかも?

4月24日にアストンマーティンから新型「ヴァンキッシュS」が発表されました。 ベース価格はずばり3457万9982円!

クーペおよびヴォランテの2モデルが設定され、5月から納車開始される予定です。

ヴァンキッシュSは、588PSを発生する6リッターV12エンジンを搭載し、0~100km/hをわずか3.5秒で加速、最高速度は323km/hに達します。

4位:世界新更新!ホンダ 今夏登場予定の新型シビック タイプRがニュルFF車最速に

2017年夏に発売予定のホンダ新型シビックタイプRが、4月3日にドイツ・ニュルブルクリンク 北コースで行われた走行テストで7分43秒80をたたき出し、再び”FF車最速”の歴史を塗り替えました。

▽直近のニュルブルクリンクでのFF車のタイム争い

2014年6月:メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR 7分54秒36

2015年3月:先代シビックタイプR 7分50秒63

2016年5月:フォルクスワーゲン ゴルフGTI クラブスポーツS 7分49秒21

2017年4月:ホンダ新型シビックタイプR 7分43秒80 ←今ここ

5位:アウディ、SUVラインナップの末っ子「Q2」を発表…価格は299万円から

4月26日、アウディラインナップで最もコンパクトなSUV※「Q2」が発表されました。価格(消費税込)は、1.0 TFSIが299万円、1.0 TFSI sportが364万円、1.4 TFSI cod sportが405万円で、発売は6月中旬を予定している。

※Q2のボディサイズは全長4200mm、全高1530mmとQ3より一回り小さい

最終更新:4/29(土) 10:30
オートックワン