ここから本文です

【世界ランク】タカマツは首位キープ! 大堀彩は5ランクアップ!

4/29(土) 16:48配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

4月27日、BWF(世界バドミントン連盟)の世界ランキングが更新された。

高橋礼華/松友美佐紀が首位を守る女子ダブルスは、福万尚子/與猶くるみ(8位)、米元小春/田中志穂(9位)は変わらず。福島由紀/廣田彩花が2ランクダウンの14位となり、同じ再春館製薬所の後輩ペア、志田千陽/松山奈未が20ランクアップの73位に浮上している。

男子ダブルスは、園田啓悟/嘉村健士が5位。井上拓斗/金子祐樹が2ランクアップの20位となり、前に位置する保木卓朗/小林優吾(18位)をじわじわと追い上げている。なお、中国勢が15位以内に4ペアと、若手や新ペアが順位を上げている。

今週も順位変動が少なかった混合ダブルスは、数野健太/栗原文音が12位をキープ。渡辺勇大/東野有紗は2ランクダウンの20位となっている。

女子シングルスは、山口茜(5位)、奥原希望(9位)らが上位に位置しているが、中国マスターズ(GPG)を制した大堀彩も5ランクアップの15位となり、日本人3番手に浮上した。また、高橋沙也加が9ランクアップの55位、川上紗恵奈が15ランクアップの58位と、こちらも順位を上げている。

男子シングルスは、常山幹太が5ランクアップの45位で日本人最上位となり、上田拓馬(47位)、坂井一将(51位)が続く。また、ダブルスと同様、中国勢が15位以内に5人がランクイン。スディルマン杯での選手起用に注目が集まりそうだ。


【男子シングルス】
45位/常山幹太(トナミ運輸)
47位/上田拓馬(日本ユニシス)
51位/坂井一将(日本ユニシス)
72位/西本拳太(トナミ運輸)
84位/武下利一(トナミ運輸)

【女子シングルス】
5位/山口茜(再春館製薬所)
9位/奥原希望(日本ユニシス)
15位/大堀彩(トナミ運輸)
17位/佐藤冴香(ヨネックス)
18位/峰歩美(再春館製薬所)

【男子ダブルス】
5位/園田啓悟&嘉村健士(トナミ運輸)
18位/保木卓朗&小林優吾(トナミ運輸)
20位/井上拓斗&金子祐樹(日本ユニシス)
37位/遠藤大由&渡辺勇大(日本ユニシス)

【女子ダブルス】
1位/高橋礼華&松友美佐紀(日本ユニシス)
7位/福万尚子&與猶くるみ(再春館製薬所)
8位/米元小春&田中志穂(北都銀行)
14位/福島由紀&廣田彩花(再春館製薬所)


【混合ダブルス】
12位/数野健太&栗原文音(日本ユニシス)
20位/渡辺勇大&東野有紗(日本ユニシス)
77位/高階知也&江藤理恵(トリッキーパンダース/岐阜トリッキーパンダース)

バドミントン・マガジン編集部