ここから本文です

盗撮で逮捕された市職員の処分、免職→停職に軽減 /船橋

4/29(土) 11:42配信

千葉日報オンライン

 千葉県船橋市は28日、千葉県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕され、昨年3月に懲戒免職処分を下した男性課長補佐(51)に対して、処分を停職6カ月に軽減したと発表した。

 同市によると、課長補佐は2015年10月にJR外房線車内で女子高校生のスカート内をスマートフォンで盗撮した疑いで逮捕された。課長補佐が、子ども支援に関わる部署に所属していたことなどから、市懲戒審査会は懲戒免職処分を下した。

 この処分に対して課長補佐は昨年4月13日付で、市公平委員会に対して処分の取り消しまたは軽減を求めて審査請求を行った。同委員会では、課長補佐が社会的制裁を受け、被害者との示談も成立していることなどから、今月25日に軽減する裁決を下した。

 課長補佐は市に対して退職の意向を示しているという。

 同市の笹原博志総務部長は「公平委員会の裁決には適正に対処していく。このような不祥事が再び起こらないよう、職員の服務規律の確保に引き続き努める」とコメントしている。