ここから本文です

【F1】ハミルトン、F4での事故で下肢を失ったモンガーに「心を痛めた」。全チーム支援のステッカーを掲出

4/29(土) 5:35配信

motorsport.com 日本版

 先週、メルセデスのルイス・ハミルトンはツイッターを通して、イギリス人のF4ドライバー、ビリー・モンガーにメッセージを送った。モンガーは、ドニントンパークで行われたF4のレースで大クラッシュを喫し、両足を切断するという大事故に遭っていた。

【写真】ウイリアムズは、モンガー支援のメッセージを、フロントウイング翼端板に掲出

 メッセージを送ったハミルトンは、「これまでのどんな出来事よりも、ビリーの事故に心を揺さぶられた」と話した。

「もちろん、2年前にF1で起きた事故は例外だ」

 彼の言う2年前の事故とは、2014年に鈴鹿サーキットで起きたジュール・ビアンキの事故である。

「その子のことを考えると……彼はただそこにいて、そのポジションを走っていた。レースをして良い結果を出し、F1を目指して戦っていた。そして、あのような恐ろしい事故が起きた」

「この事故のことを聞いて、胸を突き刺されるような思いだった。また、このスポーツが危険なスポーツだということを強調することにもなってしまった。F1だけが危険なのではなく、モータースポーツ全体がそうなんだ」

 ハミルトンは、モンガーが今後の人生を楽しく過ごせることを願っているという。

「事故の後、彼が良い知らせを発表したと聞いている。僕は、自分は何ができるのかということを証明した(アレックス)ザナルディに対しても、心を向けている。そしてビリーが同じようなことをできるように、彼のために祈っている」

 今週末のロシアGPでは、全F1チームはモンガーへのサポートを示し、『#billywhizz』というハッシュタグのステッカーをマシンやヘルメットなど様々なところに貼っている。

Adam Cooper

Yahoo!ニュースからのお知らせ