ここから本文です

目からウロコ! 忘れない“パスワード設定”のコツを伝授!

4/29(土) 18:00配信

TOKYO FM+

エバンジェリスト・西脇資哲と乃木坂46の若月佑美がパーソナリティを務め、最新ITトレンドやビジネススキルをテーマにIT業界の“今”を伝えるTOKYO FMの番組「エバンジェリストスクール!」。
4月22日(土)の放送では、IT技術において欠かせない“パスワード設定”のコツについてトークを展開しました。

西脇「今回はIDとパスワードについてお届けしましょう。使い方のヒントなんですけど、そもそもパスワードって必要だと思う?」

若月「どうなんでしょう?」

西脇「前に番組で“声帯認証”や“指紋認証”を取り上げたけど、それがあればパスワードを入力しなくてもいいのにって思うけどね~。ちなみに、番組で聞くのもなんだけどパスワードどういうパターンでつけてます?」

若月「私は誕生日とか自分にまつわることはあまりつけないですね」

西脇「僕もそうです」

若月「本当ですか!?」

西脇「まったく関係ないものにします」

若月「あっ、一緒だ~」

西脇「パスワードなんて憶えられないよね」

若月「私も忘れちゃいます」

西脇「僕がやっているのは、実は駅名をパスワードにしているんですよ。今は秋葉原ぐらいですね(笑)」

若月「へぇ~」

西脇「その次は神田になります。つまり山手線の順番にしているんですよ」

若月「そうすれば忘れないかもですね!」

西脇「そう、忘れないし、順番も同じだからね。どの駅なのかは自分にしか分からないから結構セキュリティも高いんです。これいいでしょ?」

若月「確かに~」

西脇「中には東海道新幹線にしている人もいるんですよ。それに自分の生まれた月を入れるとか年を入れるとかすれば、よりセキュリティが強力になるんですよね」

若月「ふむふむ」

西脇「例えば、乃木坂46のファンの人だったらシングルのタイトルにするとかね」

若月「いいですね~!」

西脇「08kiduitarakataomoi(気づいたら片想い)とか、そういう風に自分だけが思い入れがあって、思い出しやすい、でも他の人が推測しづらい、しかも順番があるといいんですね。こんな風にパスワードをつけるのはオススメだと思います。あともうひとつ!」

若月「はい」

西脇「パスワードを忘れてしまったときに、秘密の質問ってよくあると思うけど“母親の旧姓は?”とか」

若月「あ~、よくありますね」

西脇「でも、最近は忘れたときの質問を自分で作れるようになっていることが多いんですよ。友達から聞いたんですが、その質問に“最初に握手をした乃木坂46のメンバーは?”っていうのにしておくと忘れないんだって」

若月「すご~い!」

西脇「自分の好きなものに関連していくといいんじゃないかな~」

若月「確かにそうですね」

西脇「やってはいけないことを今から若月専務にお見せしますよ! 2016年最も危険なパスワードランキング25。何が書いてありますか?」

若月「数字の“123456”」

西脇「これをパスワードにする人いるんだね。気持ちは分からんでもないけど」

若月「次は“password”っていうパスワード(笑)」

西脇「これ、いるんだよね~(笑)」

若月「ほかには“football”」

西脇「これはアメリカで多いらしいです」

若月「次は“Qwerty”」

西脇「これはキーボードの左上から順番に6文字を選ぶとこれになります」

若月「へぇ~!」

西脇「このランキング25、結構入れている人がいるんですよ。ダメですよ、こういうのにしちゃ。敢えてこれにしている人がいるというのも聞いたことがあるけど。ただ(さっきも言ったけど)自分の思い入れのあるものじゃないと思い出せないから。僕のアイデアは、順番に出来るもの且つ推測されづらいもの。皆さんも自分のアカウントをしっかりと守ってください」

(TOKYO FM「エバンジェリストスクール!」2017年4月22日放送より)

最終更新:4/29(土) 18:00
TOKYO FM+