ここから本文です

マレー 結婚指輪を靴に付けゲン担ぎ、バルセロナ初4強<男子テニス>

4/29(土) 7:43配信

tennis365.net

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は28日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのA・マレー(英国)が第10シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)に大苦戦するも2-6, 6-4, 7-6 (7-4)の逆転で勝利し、大会初のベスト4進出を果たした。

【バルセロナ・オープン対戦表】

この日、マレーは自身のシューズの靴紐に結婚指輪を通して靴紐を結び、前週のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)3回戦で苦杯を喫したラモス=ヴィノラスとの準々決勝に臨んだ。

第1セット、ファーストサービスの確率が35パーセントと精彩を欠いたマレーは、2度のブレークを許し、自身は1度もブレークチャンスを作ることが出来ずにこのセットを落とす。

続く第2セットもクレー巧者のラモス=ヴィノラスにポイント先行を許す苦しい展開が続く。なんとか食らいついたマレーは、5度与えたブレークポイントをすべて死守し、第10ゲームでブレークに成功してセットカウント1-1に。

迎えたファイナルセット、両者2ブレークずつでタイブレークに突入したが、粘るラモス=ヴィノラスを振り切って、マレーが3時間超えの死闘を制した。

準決勝では第4シードで23歳のD・ティエム(オーストリア)と対戦する。両者は今回が3度目の対戦で、マレーの2連勝中。

マレーは今季、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)でタイトルを獲得したものの、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)では1回戦、前週のモンテカルロ・ロレックス・マスターズでは3回戦敗退を喫した。

世界ランク1位として幕を開けたプロ13年目の今シーズン、不調から抜け出せず苦しい戦いが続いている世界王者のマレーは、妻のキム・シアーズ氏との結婚指輪をゲン担ぎに、ここからの巻き返しを狙う。

tennis365.net

最終更新:4/29(土) 7:43
tennis365.net